フェラでプチ援の出会い | カーセックス掲示板

初めてのカーセックスでプチ援フェラ

彼女が2年もおらず、大変寂しい思いをしていた私。このところの昂りは尋常ではない。この昂りを抑えるためには、女性のサポートが必要不可欠だが、周りにはそんな都合の良い子はいない。そんななか、出会いサイトなら手軽にプチ援女性をゲットできるのではないかと考え、登録してみることにした。最初のうちは苦戦したが、見事一人の女性と会える段階にまで発展。

コレが結構キレイな子で、今時このレベルの女性でも出会いサイトを利用しているんだなと、少々驚かされた。さて、いざプチ援としてのフェラ(プチ援)の関係が開始したわけだが、普通のプチ援をするのはなんだか勿体ない。どうせ、お互い本気で付き合う気もないのだから、一風変わったプレイをしてみたいものだ。フェラもうまかったがプチ援なりにどうせならひと工夫を入れたい所だ。

そこで、カーセックスを提案してみたところ、すんなりOK。

プチ援の相手女性が所持する軽自動車で人目の付かないところを中心に攻めているような状況である。ちなみに、最初の頃はカーセックスになかなか慣れることが出来ず、何度か座席やドアに放出してしまった事がある。かなり怒られた(笑)。

最初は「プチ」だから本番はなかったが、2回目からはプチにちょい増しの料金条件でセックスもしている。フェラは今までの人の中でかなり上手なほうだった。

出会いサイトのプチ援割り切り女性とカーセックス出来なかった話

日ごろから出会いサイトの掲示板をチェックして割り切り女性との出会いを求めているのだが、カーセックスという目的に限定すると意外とOKを出してくれる女性会員が出会いサイトには多いので、出会いサイトの掲示板で「カーセックスしたい女性募集」というストレートなスレッドタイトルの板を立ててみた。すると、書き込み投稿の募集からわずか30分後に初めて女性会員からメールがきた。

もちろんみんな割り切りのプチ援目当ての女性会員だ。

女性会員は年齢が32歳で主婦、旦那が出張中なのでカーセックス(プチ援)のフェラでお小遣いを稼ぎたい、との書き込みをしてきた為、女性が指定してきた志木市内の新河岸川沿いのエリアまでレクサスを飛ばして約束の場所へと向かった。

しかし、指定の待ち合わせ場所には人っ子一人訪れず、空振りに終わった。やはり、掲示板だけでのコミュニケーションでカーセックスやプチ援フェラまで持ち込むのは100%というわけにはいかないのだろう。すっぽかされた上にブロックもされ、一体何をしたんだと不満も出そうだ。

プチ援は基本的に女性が隙間時間にお金を稼ごうと、している事だからドタキャンというのも飲み込める話だ。だが、これに懲りずカーセックスでのプチ援・フェラをしてくれる女性を探すとする。

車内割り切りで再び別の女性を発見

こないだの失敗を活かし、2人同時にせめて見るというやり方で出会い系サイトを利用してみた。

今回の目的ももちろんプチ援の割り切りである。フェラが好きなのだ。

素人女性でフェラが上手だと非常に興奮を覚える。サイトを利用してから一体何人の女に咥えさせてきた事だろうか。

そして今回の2人同時の作戦は成功した。しかも1人をキャンセルにしても、次の約束に繋げる事ができたら結果オーライだろう。彼女たちにしっかり連絡を密にとり、セックスやプチ援で気持ちよくさせてもらおう。ライン(LINE)などの個人の連絡先をゲットできればこっちのものである。連絡先一覧にプチ援の女性が増える事はなにかコレクターをしている気分にすらなる。

今回の車内割り切りで募集に来てくれた女性は接客業をしている女性で結構胸も大きかった。車内セックスだからといってブラジャーをしてこなかったのは驚きだった。彼女には今度はパイズリを習得してもらおう(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です